賃貸を借りる際の審査の内容とは

賃貸を借りる際の審査の内容とは 賃貸を借りる際には、入居審査というものがあります。
内容としては、大きく左右するものとして、年収による支払い能力、勤務先、保証人、人柄などがあります。
まず、支払い能力については、職業が意外と重要となります。
職業について、定着性の低い雇用形態である、フリーターや契約社員などの場合、審査上マイナスイメージを持たれるような水商売などの場合、賃貸を借りる際には不利になってしまう場合があります。
もし、年収が高かったとしても、職業に対して、不動産会社や貸主が理解をしていない場合には借りるのが難しくなる可能性があります。
逆に年収が低かったとしても、支払うのに十分で、きちんとした雇用体系の職業ならば審査に通りやすくなります。
保証人は、本人と同等以上の収入があって、続柄が2親等以内までと決まっております。
ただし、祖父や祖母の場合は、年齢的に支払い能力に問題があって、マイナス要因となります。
また、人柄も審査のうえでは重要です。
問題を起こさないかどうかという点で重要となります。
よほどのことがなければ大概人柄で落とされることはありませんが、明らかに問題があるような場合は落とされる可能性もあります。

賃貸物件を借りるための初期費用

賃貸物件を借りる際に、初期費用としてかなりまとまったお金が必要となります。
この初期費用とは、大まかにいうと敷金、礼金というものですね。
賃貸物件によってその費用はかなり違ってきますが、賃料の3か月分という話をよく聞きますね。
一か月の賃料が10万円とすると、最初に30万円必要ということになります。
これはかなりの負担となりますが、たまに敷金も礼金もいらないという物件も見かけますね。
いらないならこんなにありがたい話はないと思うかもしれませんが、敷金は、退去の時の原状回復費として使われるものです。
ですから、最初に敷金も礼金もゼロだと、退去の時の原状回復費は全額入居者負担となってしまう可能性が高くなります。
このあたりは最初の契約時によく確認しておくことが必要となります。
ただ、礼金に関しては慣習としてとっているところが多いだけなものなので、無くても良いというか無いほうがありがたいものです。
物件を探す際は、このような点に注意して探してみましょう。