賃貸借契約の期間について

賃貸借契約の期間について 賃貸借契約は、事前に期間を定めます。借家の場合は、比較的短い期間が設定されることが多いです。
例えば、賃貸アパートの一般的な契約は、二年間となっています。ただし、期間が満了しても、それですぐに出ていかなくてはならないわけではありません。
再度契約を更新することが可能です。借主は借地借家法で守られており、この契約更新を拒絶することができるのは、家主が更新を拒絶することの正当事由がある場合です。
この正当事由も、債務者の債務不履行の態様や、自分が借家を利用する必要性など、具体的な事情を基に判断されます。
ただ基本的に、借主側の保護が図られているので、簡単に追い出されることは有りません。このような傾向を、賃借権の物件かと呼んでいます。
このように借主が保護される理由は、貸主の方が力関係で上なので、権利を害される心配が高いからです。
つまり、力の弱い借主を保護することを、政策的に決定しているという訳なのです。

賃貸借契約にクーリングオフは適用されるか

端的に言うと、賃貸借契約はクーリングオフの対象とはなっていません。そのため、後から問題が発生しても、その制度を使用して契約を解除することはできないこととなります。
したがって、契約前には物件の情報をよく確認して、疑問があれば不動産屋に質問するなどして、少しでも不安があれば賃貸借契約を締結することはやめましょう。
ただし、不動産屋が説明すべきことを説明しなかったような場合は、錯誤無効による取り消し、詐欺取り消し、契約締結上の過失などを法的根拠として、解除できる可能性もあります。
この場合、クーリングオフのように書面で契約を取り消すような簡単な手続きはとることができず、相手が任意に応じない限り、訴訟で争うこととなります。
訴訟になれば、時間も費用も掛かりますし、主張がうまくいかない限り勝訴もできません。そして、事業用の店舗など、高額な物件を借りる場合はともかく、単身用のアパートを借りるような場合には適しません。
したがって、契約後にトラブルにならないよう、物件選ぶ時は慎重に行って下さい。